俳句の明日に貢献する


『ハイコンテクスト』なデザイナーは『近代』の価値観や技法全く使わないというのも重要だ。

「私たちはそれに価値がないと認識しています。自覚的です」そう言う為に。或いは『現代』のように大きな言葉を使わない。

表現においても。 潜水艦のソナー戦みたく表向きは見えず穏やかだが水面下で高度に読み合うマッハな戦いをしてる。もはやそのやり合いのラッシュは目視できないレベルなので、それを見てる達人と一般観衆との認識の齟齬がおびただしくなる。

 『ハイコンテクスト』という既にあるが認識されない価値の悩ましいところです。

「マルジェラ以降のファッションの前進について」SUKEBENINGEN-DEUX

ある曲の歌詞の冒頭、「大きなカーブ」が「大きなカブ」に聴こえてならないのだが、その曲を「大きなカブの曲」と認識しているため、曲名が覚えられない。

 |